FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

花さか爺サン

Author:花さか爺サン
花、陶芸をこよなく?愛するジジィと自称:有閑マダム(妻)です

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-

花さか爺&自称:有閑マダムの ほのぼの日記

庭を散策し四季折々のこと、日々の出来事をのんびり綴っております

神戸市相楽園・西本願寺神戸別院・兵庫県たつの市 を訪ねる

神戸の町並みには薔薇が沢山植えられて、管理も行き届いきとても綺麗です。
IMG_2703.jpg

裏道り
IMG_2699.jpg

神戸市相楽園
相楽園は、元神戸市長 小寺健吉氏の先代小寺泰次郎氏の本邸に営まれた庭園で、明治18年頃から築造に着手、明治末期に完成したものです。
昭和16年以降神戸市の所有となり、中国の古書「易経」の一節にある「和悦相楽(わしてよろこびあいたのしむ)」からとって「相楽園」と名付けられ、一般に公開されるようになりました。
19566㎡の敷地の中にある庭園は、池泉回遊式日本庭園で、飛び石や石橋を渡り、流れや滝など深山幽谷(しんざんゆうこく)の景を見ることができます。
蘇鉄園や樹齢500年と伝えられる大クスノキ、春に咲くツツジの花やモミジの紅葉も見事です。
また重厚な正門欧風建築の旧小寺家厩舎、保存のために移築された舟屋形、旧ハッサム住宅のほか、茶室浣心亭(かんしんてい)が庭園の景観と調和しています。

くわしくはこちら  ↓  (ネット検索)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E6%A5%BD%E5%9C%92

相楽園正門
小寺邸の時代からある、総ケヤキづくりの正門。瓦には、小寺家の家紋かぎかっこえ
fc2blog_20170604180502cc2.jpg


fc2blog_201706041805334e9.jpg

相楽園案内図
fc2blog_20170604180811d6d.jpg

蘇鉄園
受け横に植わるソテツは鹿児島から取り寄せた樹齢300年のもの。雌雄異株で雌株には朱色の実がなります。群植されたソテツは、当時小寺邸が 蘇鉄園 と呼ばれた由縁です。
fc2blog_201706041806153d6.jpg


fc2blog_20170604180700d7b.jpg

庭園に向かう通路には沢山ソテツが植えられている。
fc2blog_20170604180921293.jpg


大クスノキ
永禄(1567)、荒木村重が花隈城の鬼門除けとして伝えられています。
庭園に向かう通路にはツツジも植えられて綺麗に咲いていました。
fc2blog_201706041807453b6.jpg


fc2blog_20170604181018c29.jpg


池・流れ
ため池を改修して、ひょうたん型の池となりました。流れは、水の湧き出る山や川を表し、海である池に流れ込む縮景となっています。池の側には水琴窟も設えられている。
fc2blog_201706041811087e1.jpg


fc2blog_2017060418115733d.jpg

浣心亭
離れだった浣心亭(かんしんてい)と茶室又新亭(ゆうしんてい)・本館は戦災で焼失、戦後離れのあった場所に茶室浣心亭を新築しました。
fc2blog_20170604181238dea.jpg


白松(ハクショウ)
マツの仲間。樹皮が白色なるのが特徴です。原産は中国北西部で、神聖な木とされています。葉は三葉で長さ5~10㎝です。
樹木の表面は、百日紅の木のようにつるりとした木でした。初めて目にしましたがとても珍しい木のようです。
fc2blog_2017060418130194d.jpg


fc2blog_2017060418132496b.jpg

白松(ハクショウ)
fc2blog_201706041813524d2.jpg

相楽園には外にもいろいろ珍しい物があるようですが、写真を撮っておりませんので、パンフレットの説明を載せますのでご覧ください。
パンフレット


神戸別院
本願寺神戸別院は、兵庫県神戸市中央区下山手通にある浄土真宗本願寺派の寺院である。同派本山の西本願寺直属の別院である。「モダン寺」の愛称でも呼ばれている。 その昔、摂津国八部郡二つ茶屋村に寺舎が築かれ、寛永十六年年に第十三代良如宗主より寺号を授与された善福寺を前身としている。
遠い昔から、港を中心に交易の拠点として栄えてきた神戸の街。 幕末以降の海外との交流により、多くの異人館が点在し、南京町が広がるエキゾチックな町並みの中でも、 ひときわ異彩をはなっているのが本願寺神戸別院です。「モダン寺」の愛称でも呼ばれている。
ここでも大勢の参拝者で読経があげられていた。
fc2blog_2017060418142639f.jpg


fc2blog_20170604181450f04.jpg
スポンサーサイト

COMMENT

No title

今回取り上げられたところは、前回、神戸に行ったときにしっかり見ておこうと決めていたところでした。ですが、北野エリアの探訪でエネルギーを使い果たし、時間はたっぷり残っていたのに、気力が萎えて、回れませんでした。
やっぱりイメージどおりでした。行っておけばよかったと悔やんでいます。

Re: No title

AzTakさま おはようございます

何時もご訪問&コメント頂き有難うございます。

前回神戸に行かれた時のコースに入っていましたか!
歴史探訪もエネルギーを使いますので、予定道理に行かないことがありますよね。
なかなか良いところだと思いますので、何かの機会に尋ねてみてください。
この歳になりますと、強行スケジュールは疲れますので、ゆったりとしたスケジュールで旅行したいと思っております。

No title

神戸にも行かれたのですね
愛楽園 初めて聞きました
見事な蘇鉄ですね
白松も初めて見ました
お天気も良くて良かったですね
また機会があれば行ってみたいです

Re: No title

ハワイアイランドさま こんにちは

何時もご訪問&コメント頂き有難うございます。

久しぶりに神戸に立ち寄ってみましたが、やはり神戸は洋と和がミックスした優雅な街並みが続き、神戸ならではのハイカラな景観を形づくっています。
相楽園は私も初めて行きましたが、蘇鉄が沢山植えられ、白松等珍しいが木等もあり普通の日本庭園より少し趣が違うようでした。
何よりよかったのが、梅雨入り前で、旅行中お天気が良かったことですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。