FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

花さか爺サン

Author:花さか爺サン
花、陶芸をこよなく?愛するジジィと自称:有閑マダム(妻)です

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-

花さか爺&自称:有閑マダムの ほのぼの日記

庭を散策し四季折々のこと、日々の出来事をのんびり綴っております

むかしあそびの道具   

むかし我々も遊んだことのある、遊び道具の展示がしてありましたので写真を撮って来ました。
最近ではこういう遊び道具は珍しくなっておりますのでアップいたします。
遊び道具の由来や使い方を説明したパンフレットもありましたので、それを拝借して掲載いたしました。

むかしあそびの道具

「こま回し」

「こま」は、奈良時代には伝わっており、平安時代には貴族の遊びになりました。
中世頃までは、棒につけた布などをムチにして、こまをムチで叩きながら回転させる
「叩きごま」「ムチごま」で、こまをムチで打って ”胡魔(西域からきた鬼)”を払う
おまじないとされていました。
中世になると、遺跡から出土するこまの大半は、縄を巻きつけて投げ引いて回すようになります。
子供の遊びとして流行し、室町時代の絵巻物には、子どもたちがこまを回して遊んでいる様子が
描かれています。

042_20140217162247c04.jpg


「羽根つき」

室町時代の書物には、羽根つきは「こぎの子勝負」、羽子板は「こぎ板」と書かれていて、「羽子板」と書いて
”はごいた””こぎいた”の両方の読み方があります。また、”こぎいた”は「胡鬼板」とかく場合もあります。
当時は、病気や災いは、胡の国(中国より西の地域)からから来た鬼が原因だと考えられていて、「羽根つき」は、
鬼の子(こぎの子=胡鬼の子)が体に取り付かないように、お互いにお払いを行うまじないとして行われていた。
額に墨を塗るのは、鬼が取り付いたことを示しています。
また、他の書物には、羽の飛んでいるようすが蚊を食べるトンボに似ていることから、幼いこどもが蚊に刺されないためのおまじないとも書かれています。

043_201402171623269cf.jpg

「お手玉」
 手を使って石や布を上に投げたり、床にあるのを寄せ集めたりする遊びが、「お手玉あそび」と呼ばれています。
奈良時代に中国から伝わったといわれています。石を使って「石なご」と言う名でお手玉遊びをしていました。
江戸時代に、布のお手玉の中に、アワ・ヒエ・大豆などを入れたものが現れ、全国に広まっていく中で、石なご
遊びは次第に姿を消して行きました。
 布のお手玉は、数個を一組として、これを続けざまに空中に投げ、お落とさぬように両手または片手で取りさばきます。「じゅずだま」「おじゃみ」などと呼ぶところもあります。

001_201402171626310cb.jpg


002_20140217162935268.jpg


「けん玉」
 日本へは、江戸時代に海外からもたらされました。玉を皿にすくい入れて勝ち負けを競うもので、現代のものと比べると単純な遊び方です。明治時代のものは、真っ直ぐな一本の棒と、1つの球とから出来ていました。
 現在のようなけん玉が生まれたのは大正時代になってからです。広島県呉市の人が考え出したもので、当時は「日月ボール」と呼ばれていました。その後、現在も幅広い年齢の人に親しまれています。

041_20140217162716db3.jpg


「貝合せ」

平安時代に行われていた「貝合せ」は、左右の各組が、形が珍しく美しい 趣 の貝を持ち寄って優劣を競う遊びでした。その貝にちなんだ和歌を詠み添えたりしました。
後に、ハマグリの貝殻の身と蓋を合わせる遊びである「貝覆い」が、「貝合せ」と呼ばれるようになりました。
貝殻の内側には、「伊勢物語」「源氏物語」等の絵を描き、貝を入れる貝桶は、蒔絵などを施した立派な工芸品となりました。室町時代の末頃から、武家は貝桶を婚礼の調度品として使うようになっています。
 
 貝の絵柄は鮮やかな色で描かれておりますが、写真を撮り忘れましたのでパンフレットから借用いたしました。

001_20140218120131caa.jpg
スポンサーサイト



COMMENT

No title

貝合わせ以外は遊んだことはありますが、いずれも不器用だったので、あまりうまくはなく、…。
田舎に生まれ育ったので、こういうことにだけ情熱を燃やす子供が少なからず居ました。少しは勉強をもすればよいのにと思いましたが、不器用なガキの負け惜しみだったんでしょうか。

今どきは、暇さえあれば、勉強するか習い事をするかでしょうか。それもまた大変ですね。

Re: No title

AzTak さま こんばんは

何時も、ご訪問&コメント頂き有難うございます。

むかしは、近所に子供も多く、良く遊んだものです。
今は親も子供も、有名校を目指して熟通い、目出度く卒業すればしたで、就職難と大変ですね。


我々は良き時代を過ごしたようです。

No title

こまって、随分昔からあるんですね!
羽根つきにもそんな意味があったとは、初めて知りました。
昔ながらの子供の遊びは、由来を知ると面白いものがたくさんありますね。

Re: No title

里花 りんさま こんにちは

何時もご訪問&コメント有難うございます。
いろんな遊びがありますが、由来とかについてはあまり知りませんでした。
解って見るとそれなりの由来があり、今日まで受け継がれているようですね。

私たちが子供のころは、いろいろな遊びをしておりましたが、
時代が変わり最近の子供は外で遊ぶことが少なくなり、もっぱら
熟通いか家の中でゲームやインターネットで楽しんでいるようですね!



EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/19 08:56)

呉市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。