FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

花さか爺サン

Author:花さか爺サン
花、陶芸をこよなく?愛するジジィと自称:有閑マダム(妻)です

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-

花さか爺&自称:有閑マダムの ほのぼの日記

庭を散策し四季折々のこと、日々の出来事をのんびり綴っております
2013年07月の記事

ウバユリ&クサギ

裏山に咲くウバユリとクサギを紹介いたします。

ウバユリ

ウバユリ(姥百合)はユリ科ウバユリ属の多年草。山地の森林に多く自生する。ユリに似た花をつけるが、葉は大きく異なる。
高さは60~100cm。茎は直立し、輪生状に多数の葉をつける。葉はユリ科としては珍しく幅広いハート形になる。地下にはユリと同様の鱗茎(球根)をもつ。花期は7~8月。花はユリに似るが緑白色で細長い。
花が満開になる頃には葉が枯れてくる事が多いため、歯(葉)のない「姥」にたとえて名づけられたようです。

004_20130729164609.jpg


005_20130729164743.jpg


006_20130729164814.jpg

クサギ
クサギ(臭木)は日当たりのよい原野などによく見られるシソ科の落葉小高木。葉に悪臭がある事からこの名がある。日本全国のほか朝鮮、中国に分布する。従来はクマツヅラ科に入れられてきたが、現在はシソ科に移されている。
010_20130729164850.jpg


008_20130729165213.jpg


009_20130729165245.jpg
スポンサーサイト

夾竹桃&山葡萄・生け花&トマト

街で見かけた夾竹桃と山葡萄です。
丁度カメラを持参していなかったので、携帯で撮りました。
映りも悪く、画像も小さくて良く見えませんが、山葡萄の実が
鈴生りになっておりました。

夾竹桃
130401_1534~01

山葡萄
securedownload_20130727154229.jpg

カサブランカをお友達が丹精込めて作られたのをプレゼント
して頂きましたので、マダムが籠に入れてみました。
001_20130729115606.jpg

我が家の菜園でトマトのへたに可愛い赤ちゃんトマトがついていました。
こんなトマト今まで見たことがなかったので、珍しいかなと思って撮ってみました。
仲の良い親子トマトです。
002_20130729115638.jpg

可愛そうに仲の良い親子を引き裂いてしまいました。
003_20130729115703.jpg

いろいろな花

2~3日留守にしている間に沢山ご訪問戴有難うございました。

散歩中に花畑を見かけましたので、一寸失礼して写真を撮らせていただきました。
と言うことで花の名まえが解らないのがあります。

名前が解りません
003_20130724164251.jpg

グラジオラス
004_20130724164329.jpg


005_20130724164351.jpg

名前が解りません
007_20130724164434.jpg


008_20130724164502.jpg


009_20130724164540.jpg


010_20130724164608.jpg


011_20130724164635.jpg

ハゲイトウ
012_20130724164705.jpg

花オクラ
013_20130724164734.jpg

百日紅&アザミ

我が家の庭でも早咲きの百日紅の花が咲き始めました。

ピンクの百日紅

011_20130722170509.jpg


017_20130722170539.jpg


012_20130722170727.jpg


白色の百日紅
001_20130722170948.jpg


002_20130722171018.jpg

アザミ

アザミの花が一輪名残惜しそうに、庭の片隅にひっそりと咲いていましたので撮ってみました。
その花に蜂が一匹留まり、蜜を吸っているのでしょうか、
この蜂もまた名残を惜しんでいるようでした。

013_20130722172936.jpg


014_20130722173017.jpg

木斛(モッコク)&木槿(ムクゲ)

花のない時期ですが、我が家の庭では今モッコクとムクゲが花を付けております。

モッコク

モッコクの花はクリーム色で、6月の後半から7月にかけて咲く。真冬には大きなつぼみが形成されており、咲くまでに半年以上の年月を費やしている。花はクリーム色で目立たないが、高貴なイメージのある香りがあり、目立たない事を香りでカバーしている。花弁は5枚で長さ8~12mm。イメージはかなり異なるが、雄しべは多数あり、ツバキ科の特徴を示している。果実は直径1~1.5cmで秋に赤く熟し、裂開して赤い種子がのぞく。果皮の割れ方はヤブツバキのように法則があるわけではなく、ただ単に乾燥してひび割れたという感じ。
 (インターネットで検索)

001_20130720171545.jpg


002_20130720171610.jpg


003_20130721102145.jpg


002_20130721102217.jpg


木槿(アオイ科)

木槿という名称は漢名の音読みに基づく。万葉時代の秋の七草の一つ朝貌(あさがお)がこの木槿であったとする説もある。
幹は直立し、3メートルぐらいに達する。花径は約6センチから10センチ。
冬の椿とともに茶花の代表的なものである。花色も紅紫色、花の底が紅色の底紅(宗旦木槿)といわれるものなどがある。花入れによつては一種生けがふさわしいが、他の花物にまぜて生けてもよい。
 (茶花の図鑑 世界文化社)

006_20130720171707.jpg


009_20130720171741.jpg


007_20130720172420.jpg


010_20130720172936.jpg


006_20130721112105.jpg


木槿の一種生けが大好きなマダムが入れました。

005_20130721112358.jpg

ガーデニングの庭

お隣さんに可愛いお家とガーデニングの庭が出来ましたので、
お願いをしてポチットさせていただきました。
芝生を基調にして周りに可愛い花木を配置してあります。

012_20130717153848.jpg


013_20130717153919.jpg


014_20130717154831.jpg


015_20130717153950.jpg


017_20130717154022.jpg


018_20130717154049.jpg

蓮&アイガモ

ドライブがてら出かけ蓮畑に寄ってみました。
残念ながらすでに花が終わり実になっていました。
かろーじて5~6本残っておりましたので、ポチットしてみました。

001_20130716132842.jpg


002_20130716132918.jpg


005_20130716133012.jpg


003_20130716133040.jpg


004_20130716133350.jpg

帰り道でアイガモ栽培の田圃がありましたので立ち寄ってみると
可愛いアイガモたちが一息ついているところでした。
アイガモさんゴクローさんです。
きっと無農薬で美味しいお米がとれるのでしょう。

010_20130716133424.jpg


008_20130716133459.jpg


009_20130716133551.jpg

下野(しもつけ)

下野 別名=木下野 バラ科   

北海道から九州にかけての日本各地、朝鮮および中国の山野に自生する。成木の樹高は1mほどであり、初夏に桃色または白色の集合花を咲かせ、秋には紅葉する。古くから花木として栽培されてきた。
下野(栃木県)の日光地方に多く見られるのでこの名がついたといわれる。
茶花としては秋の残花、冬の照葉も用いられる。籠花入れに良く合う花である。

白色
009_20130714102905.jpg


018_20130714102952.jpg


016_20130714103023.jpg


017_20130714103113.jpg

下野 ピンク色
014_20130715113624.jpg


019_20130715113937.jpg


015_20130715113824.jpg


013_20130715114043.jpg


011_20130715114201.jpg


010_20130715115556.jpg

万両・千両・十両

我が家の庭に咲いている「万両」・「千両」・「十両」の花です。

「マンリョウ」はヤブコウジ科の常緑小低木。林内に生育し、冬に熟す果実が美しいので栽培され、特に名前がめでたいのでセンリョウ(千両)などとともに正月の縁起物とされる。 東アジア~インドの温暖な場所に広く分布する。

001_20130713145716.jpg


003_20130713145749.jpg


004_20130713145819.jpg

「センリョウ」はセンリョウ科の常緑小低木。林内に生育し、また冬に赤い果実をつけ美しいので栽培される。東アジア~インドに分布する。日本では南関東・東海地方~九州・沖縄までの比較的暖かい常緑樹林下に自生している。

005_20130713145929.jpg


007_20130713150818.jpg


006_20130713150002.jpg

「ジュウリョウ」は日本各地、台湾、朝鮮、中国に分布する常緑小低木。
高さ10cm~20cm程度で、地下茎を伸ばし群生する。地上の茎は枝分かれしない。
6月終り~8月に葉腋から小さな白い花が下向きに咲き、冬には赤い実ができ、お正月の寄せ植えなどにも使われる。
008_20130713150046.jpg


007_20130713150126.jpg


009_20130713150236.jpg

擬宝珠・蛇の髭・紫陽花(おかめ)

擬宝珠
葉のかたちが宝珠(ほうしゅ)に似ているところから擬宝珠(ぎぼうしゅ)とし、
それがぎぼうしに転化したもの。
全国各地の小丘や野原の湿地に自生し、広く栽培もされている。
茎は2mを超えるほどになり、根元から長楕円形の葉が斜めに出ている。 (花の図鑑 世界文化社)

001_20130712140236.jpg


003_20130712140259.jpg


002_20130712140347.jpg

蛇の髭 別名:龍の髭
どちらの名前も葉の形からの連想による。日本全土の山林に自生しており、栽培もされる。
ときおり大きな株立ちになることもある。地下茎から出た葉は幅2m~3m。
糸状で何本も群がつている。小花が開花したあと秋に果実をつけるように見えるが、
これは種子が露出したものである。 (茶花の図鑑 世界文化社)

龍の髭はどこにでもありよく見かけますが、花の咲いたのは初めて見かけましたので、
珍しかったので写真に撮りました。

005_20130712140438.jpg


007_20130712140603.jpg


008_20130712140630.jpg

紫陽花 おかめ
少し遅れておりましたが、やっと咲き始めました。
しもぶくれしたぽっちゃりがたのおかめさんによく似た丸い花がかたまつて咲きます。
とても可愛い花です。

022_20130712141012.jpg


023_20130712141049.jpg

野菜&ほたるぶくろ

有閑マダムが会合に出かけ沢山野菜を頂いて帰りましたので、
お花を生けても暑さに弱い次期なので、野菜をアレンジしてみました。
黄色のかぼちゃのような野菜は、新種で珍しい野菜だそうですが、
名前は聞かずに帰ったそうです。
調理方法は、炒めもの・酢の物・煮物等で頂いて見ようと思います。

005_20130710162828.jpg

ほたるぶくろ
ほたるの時期はもう過ぎましたが、裏庭を散策しておりましたら、
ほたるぶくろが暑さに耐え、ひっそりと咲いておりましたので撮ってみました。

010_20130710165724.jpg

ほたるぶくろの中を覗いて見ますと、こんな様子でした。
011_20130710165752.jpg


012_20130710165826.jpg


013_20130710165852.jpg

野うさぎ

三度15日ぶりに、野うさぎさんの訪問がありました。
来るたびに近づいてきますので、手なずけられないものかと思っております。

我が家の裏庭にうさぎさんの好物の草があるのでしょうか、
カメラを向けても恐れることもなく、一生懸命草をついばんでおりました。

美味しかったです、また来ます。おじさんまた遊んでね!

004_20130708142544.jpg


005_20130708142626.jpg


006_20130708142654.jpg


007_20130708142721.jpg


008_20130708142813.jpg

お隣の畑に珍しい花が咲いていましたので撮らせていただきました。
花の名前は定かではありません。

リアトリスの花かと思いましたが、どうも違うようです。
御存じの方は教えてください。

001_20130702164227.jpg


002_20130702164301.jpg


003_20130702164328.jpg


009_20130701173915.jpg


008_20130701173933.jpg

生け花 
お隣さんからお花を頂きましたので、マダムが生け花に入れました。

花材 (鉄砲百合・紫陽花・ ? )

001_20130704171146.jpg

紫陽花

我が家の紫陽花 第4弾
しつこく、しつこく今日も紫陽花です。皆さんには珍しくないでしょうが、
良かったらご覧ください。

紫陽花 紅
001_20130701173346.jpg


002_20130701173405.jpg

額紫陽花
004_20130701173426.jpg


005_20130701173447.jpg

柏葉紫陽花
011_20130701180053.jpg


010_20130701180114.jpg

柏葉紫陽花が赤く変化してきました。今まで見たことがない現象です。
003_20130701180136.jpg



紫陽花

我が家の紫陽花 第3弾

025_20130701172207.jpg


027_20130701172232.jpg


028_20130701172256.jpg


029_20130701172318.jpg


031_20130701172359.jpg


032_20130701172420.jpg

マダムの友人に我が家の紫陽花をアレンジしてプレゼント
034_20130701172447.jpg


035_20130701172506.jpg


036_20130701172526.jpg


037_20130701172545.jpg

紫陽花

我が家の紫陽花第2弾です。
紫陽花の名前が解らないのがありますので、
重複したのがあるかもわかりません。
ごめんなさい。

紫陽花 白
007_20130701101150.jpg

額紫陽花 ピンク
010_20130701101518.jpg

紫陽花 白
011_20130701101551.jpg


012_20130701101634.jpg

額紫陽花
014_20130701101812.jpg


山紫陽花
015_20130701101856.jpg


021_20130701102114.jpg



019_20130701102439.jpg


030_20130701111953.jpg
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。