FC2ブログ
background movie
HOME プロフィール

花さか爺サン

Author:花さか爺サン
花、陶芸をこよなく?愛するジジィと自称:有閑マダム(妻)です

最新記事 最新コメント 最新トラックバック 月別アーカイブ カテゴリ 天気予報

-天気予報コム- -FC2-

花さか爺&自称:有閑マダムの ほのぼの日記

庭を散策し四季折々のこと、日々の出来事をのんびり綴っております
2012年10月の記事

満月

昨夜は満月でしたが雲が厚くかかり、月がなかなか現れません。
待つこと30分やっと厚い雲の切れ間から姿を現してきました。
なかなかシャツターチャンスがつかめず、思ったような写真は
撮れませんでしたが、何とか仕留めることができました。
001 (400x300)


002 (400x300)


004 (400x300)


006 (400x300)


007 (400x300)


008 (400x300)
スポンサーサイト

ツワブキ&寒蕨

ツワブキ
多年草で、草丈は50cm程度。地下に短い茎があり、地上には葉だけが出る。葉は根生葉で葉身は基部が大きく左右に張り出し全体で円形に近くなる。長い葉柄を持ち、葉柄は大きく切れ込んだ葉身の中心につく。これらの点はフキによく似ている。その葉は厚くて表面につやがあり、緑色が濃く、若いときには綿毛が多い。花期は10-11月。葉の間を抜けて花茎を伸ばし、その先端に散房花序をつけ、直径5cm程度の黄色い花を数輪咲かせる。
フキが夏緑性であるのに対して、ツワブキは常緑性である。 (インターネットで検索)

015 (400x300)


014 (400x300)

グレープフルーツ
以前(7月)にブログに載せましたがグレープフルーツの
発芽したのを鉢に植えておきましたら写真のように大きくなりました。
CIMG1062 (400x300)


009 (400x300)

寒蕨
葉の緑を楽しみ、姿・風情を愛でる花の少ない時期の逸品
001 (400x300)

千両・万両・拾両(やぶこうじ)

正月などの縁起物とされる千両・万両・拾両が
前庭に可愛く赤い実を付けましたのでご紹介いたします。

千両
センリョウ(仙蓼/千両、Sarcandra glabra(Thunb.) Nakai)はセンリョウ科の常緑小低木。林内に生育し、また冬に赤い果実をつけ美しいので栽培される。東アジア~インドに分布する。日本では南関東・東海地方~九州・沖縄までの比較的暖かい常緑樹林下に自生している。

高さは50~100cm。葉は対生。花は黄緑色で7~8月頃に咲き、茎の先に穂状花序をつくる。花には花被がなく、花軸に緑色の雌しべが付き、その側面に薄緑色の雄しべが直接出る変わった姿でをしている。果実は液果で10月頃から赤く熟し、翌年2月頃まで見られる。

被子植物であるにもかかわらず、維管束の木部は導管でなく、裸子植物同様の仮導管から構成されている。花の構造の特殊性と共に、この植物の原始性を表す特徴と考えられる。

特に名前がめでたいのでマンリョウ(万両)などとともに正月の縁起物とされる。(インターネットで検索)

013 (400x300)


010 (400x300)


万両
マンリョウ(万両、Ardisia crenata Sims)はヤブコウジ科の常緑小低木。林内に生育し、冬に熟す果実が美しいので栽培され、特に名前がめでたいのでセンリョウ(千両)などとともに正月の縁起物とされる。

東アジア~インドの温暖な場所に広く分布する。日本では、関東地方以西~四国・九州・沖縄に自生するほか、庭木などとしても植えられている。なお、アメリカのフロリダ州では外来有害植物[1]として問題になっている。

高さは1mほど。同属のヤブコウジと似ているが、ヤブコウジは高さ10cmほどなので区別ができる。根元から新しい幹を出して株立ちとなる。葉は縁が波打ち互生する。葉の波状に膨れた部分には共生細菌が詰まった部屋が内部に形成されている。また、葉は光に透かすと黒点が見える。花は白色で7月頃に咲き、小枝の先に散形花序をなす。果実は液果で10月頃に赤く熟し、翌年2月頃まで枝に見られる。栽培品種には白や黄色の果実もある。いわゆる古典園芸植物のひとつで、江戸時代には葉が縮れたりした変異個体が選抜されて、多様な品種群が栽培された。
 (インターネットで検索)
012 (400x300)


011 (400x300)


拾両(やぶこうじ)
ヤブコウジ(藪柑子、学名:Ardisia japonica)は、ヤブコウジ科の常緑小低木。林内に生育し、冬に赤い果実をつけ美しいので栽培もされる。別名、十両(ジュウリョウ)。

ほふく茎が長く這って伸び、先が20cmほど立ち上がって葉を輪生状につける。花は白か淡いピンク色で、夏に葉の根元から伸びて下向きに咲く。果実は液果で冬に赤く熟す。日本のほか東アジア一帯に分布する。

正月の縁起物ともされ、センリョウ科のセンリョウ(千両)や、同じヤブコウジ科のカラタチバナ(百両)、マンリョウ(万両)と並べてジュウリョウ(十両)とも呼ばれる。寄せ植えの素材などとして使われる。

それとは別に、斑入り品などの変異株が江戸時代より選別され、古典園芸植物の一つとして栽培され、それらには品種名もつけられてきた。古典園芸植物としての名前は紫金牛(これで「こうじ」と読ませる)である。明治年間にも大流行があり、一鉢が家1軒の値が付いたこともある。現在では約40の品種が保存されている。

縁起物として扱われた経緯から、落語『寿限無』の中の「やぶらこうじのぶらこうじ」とは本種のことと推測される。

生薬としては紫金牛(シキンギュウ)と称し、特に中国でよく用いる。 (インターネットで検索)

002 (400x300)


001 (400x300)

朝日&サルビア

真黒な雲の中に朝日が雲をよけるように昇ってきましたので
パチッとやってみました。

008 (400x300)


007 (400x300)


006 (400x300)

全国高校駅伝競争の地区予選会が行われますので、
地域住民が手分けして丹精込めたサルビアを5㎞にわたって
並べてあるのでとても見事です。
011 (400x300)


012 (400x300)

シャクナゲの満開

裏庭で石楠花が満開となり、つつじが咲き、一方ではにしきぎ・モミジが紅葉いたしました。

以前ご紹介しました石楠花が、天候のせいでしょうかつぎつぎに咲き
ついに満開になりましたので再度ご紹介いたします。
009 (400x300)

つつじ
006 (400x300)

ニシキギの紅葉
大半が常緑または落葉の木本で、蔓性植物もある。日本にはニシキギ、ツルウメモドキ、マサキ、ツルマサキ、マユミ、ツリバナなど、5属27種が自生し、庭木や生け垣などに利用される。
花は小さく、あまり観賞価値はない。しかし、果実が裂開すると赤い仮種皮に包まれた種子が現れるものが多く、美しい。ニシキギは紅葉が美しい。
花は両性または単性で、放射相称、子房上位で、がく・花弁・雄蕊各5個からなる。果実は少数(2-10個ほど)の大型の種子を含み、さく果、液果または翼果となる。(インターネットで検索)
003 (400x300)


紅葉の紅葉
007 (400x300)


008 (400x300)

トリカブトの花&椿

暫く留守にしておりましたので、更新できませんでした。
その間、ご訪問いただき有難うございました。

裏庭に咲いたトリカブトの花
トリカブトの仲間は日本には約30種自生している。花の色は紫色の他、白、黄色、ピンク色など。多くは多年草である。沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。トリカブトの名の由来は、花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ているからとも、鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。英名の"monkshood"は「僧侶のフード(かぶりもの)」の意。
塊根を乾燥させたものは漢方薬や毒として用いられ、烏頭(うず)または附子(生薬名は「ぶし」、毒に使うときは「ぶす」)と呼ばれる。
本来「附子」は、球根の周り着いている「子ども」のぶぶん、中央部の「親」の部分は「烏頭(うず)」、子球のないものを「天雄(てんゆう)」と呼んでいたが、現在は附子以外のことばはほとんど用いられていない。
ドクウツギ、ドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つとされる[1]。
ヨーロッパでは、魔術の女神ヘカテーを司る花とされ、庭に埋めてはならないとされる。ギリシア神話では、地獄の番犬といわれるケルベロスのよだれから生まれたともされている。狼男伝説とも関連づけられている。
富士山の名の由来には複数の説があり、山麓に多く自生しているトリカブト(附子)からとする説もある。また俗に不美人のことを「ブス」と言うが、これはトリカブトの中毒で神経に障害が起き、顔の表情がおかしくなったのを指すという説もある。 (インターネットで検索)

004 (300x400)


002 (300x400)


001 (400x300)


椿の花 種類(太神楽)
015 (400x300)


014 (400x300)

ホトトギス&シュウメイギク

我が家の庭も晩秋となり、花がなくなり寂しくなってきましたが、
庭先に可愛くホトトギスが咲いてくれました。
002 (400x300)


001 (400x300)

先日紹介しましたが少し早かったようです。
今満開になりましたので再び公開いたします。
白のシュウメイギク
003 (300x400)


ピンクのシュウメイギク
005 (400x300)


004 (400x300)

野の草花&リース

アキギリ(秋桐)
葉がキリに似て、花が秋咲くのでアキギリと言われている。
009 (400x300)


010 (400x300)

クジャクシダ
茎は地下にあってやや横に這う。茶色の鱗片が密生し、多数の葉を密につける。
葉柄は細くて硬く、表面には光沢がある。長さは15-45cm、基部には鱗片がつく。葉は長さ15-25cm、幅が30cmにもなり、非常に横に広く広がった形で、いわゆる鳥足状になっている。地面から伸びる葉柄の先端部から左右に横枝が伸び、それに一回羽状複葉の葉が並んで、全体としては扇を広げたような形になる。これは、羽状複葉の葉の、一番下の枝が左右に伸び、その枝につく小羽片がこのような形になったもので、元々は又状仮軸分岐であると考えられている。この分枝を偽又状分枝ということもある。軸は細くて硬く、黒褐色で艶がある。小葉は薄くてやや硬く、幅広い扇型をしている。若葉は赤みを帯びる。胞子のう群は小葉の上縁に並ぶ。
夏緑性で、冬にはすべての葉が枯れる。 (インターネットで検索)


012 (400x300)

生け花 花材(柏葉アジサイの葉、百合、リンドウ)
001 (400x300)

リース
マダムの友人が3種類のリースを送って来てくれましたので、
3カ所に飾って楽しんでおります。
002 (400x300)


003 (400x300)


004 (400x300)

栗の渋皮煮

秋の味覚の栗で、マダムが赤ワインを入れて渋皮煮を作りました。
とても美味しく出来上がりました。
渋皮煮も、鬼皮をむくのに渋皮に傷をつけるとはじけるので、
なかなか大変のようです。
001 (400x300)


002 (400x300)


003 (400x300)

栗の渋皮煮
008 (400x300)


卑弥呼蔵

酒蔵を改造して料理店を営業している珍しいお店です。
中はオーナーさん好みで昔のデトロ調にアレンジして
皆様に公開しておられます。
酒蔵がまだいくつか残っていますが、ライブ等に使って
おられるようです。
玄関
152 (300x400)

店内
141 (300x400)


142 (300x400)


143 (400x300)

2階
145 (400x300)


146 (400x300)
ステンドグラス
150 (300x400)


151 (400x300)

酒蔵
153 (400x300)

我々が昼に食べたステーキ
166 (400x300)

昔懐かしいオロナミンCの看板広告
167 (400x300)


薔薇庭園 (その3)

落葉

123 (400x300)

モネ邸の睡蓮
129 (400x300)

モネ邸池の噴水
126 (400x300)

庭園内
131 (400x300)


132 (400x300)

クフェア プリティーマウス
134 (400x300)


133 (400x300)

秋篠宮殿下お成り (御手植えの松)
135 (400x300)

秋篠宮同妃両殿下お成り (御手植えの松)
136 (400x300)


薔薇庭園 (その2)

がまの穂
葉は高さ1-2 mで、水中の泥の中に地下茎をのばす。夏に茎を伸ばし、円柱形の穂をつける。穂の下部は赤褐色で太く、雌花の集まりでありソーセージに似た形状である。穂の上半分は細く、雄花が集まり、開花時には黄色い葯が一面に出る。風媒花である。雄花も雌花も花びらなどはなく、ごく単純な構造になっている。雌花は結実後は、綿クズのような冠毛を持つ微小な果実になる。この果実は風によって飛散し、水面に落ちると速やかに種子が実から放出されて水底に沈み、そこで発芽する。 また、強い衝撃によって、種が飛び散ることもある。
  (インターネットで検索)

107 (400x300)

蓮の実
古名「はちす」は、花托の形状を蜂の巣に見立てたとするのを通説とする。「はす」はその転訛。 水芙蓉(すいふよう、みずふよう)、もしくは単に芙蓉(ふよう)、不語仙(ふごせん)、池見草(いけみぐさ)、水の花などの異称をもつ。 漢字では「蓮」のほかに「荷」の字をあてる。

ハスの花を指して「蓮華」(れんげ)といい、仏教とともに伝来し古くから使われた名である[2]。 また地下茎は「蓮根」(れんこん、はすね)といい、野菜名として通用する。

属名 Nelumbo はシンハラ語から。種小名 nucifera はラテン語の形容詞で「ナッツの実のなる」の意。 英名 lotus はギリシア語由来で、元はエジプトに自生するスイレンの一種「タイガー・ロータス」 Nymphaea lotus を指したものという。

7月の誕生花であり、夏の季語。 花言葉は「雄弁」。 (インターネットで検索)

108 (400x300)


109 (400x300)

コスモス
110 (400x300)


111 (400x300)

藤棚
115 (300x400)

庭園内
112 (300x400)


116 (400x300)

クジヤクソウ
117 (400x300)

118 (300x400)


120 (400x300)


121 (400x300)

クジヤクソウ 白
122 (400x300)





薔薇庭園 (その1)

我が家の庭の花も終わり、季節の花を求めて薔薇公園を尋ねてみました。
いろいろの種類が沢山あり、とても全部ご紹介することができません。
本の一部だけですがご紹介いたします。
アイスパーク
096 (400x300)


097 (400x300)

ゴールドバニー
098 (300x400)

アカペラ
099 (400x300)


100 (400x300)


101 (300x400)

フエアリーランド
102 (400x300)

タチャーナ
103 (400x300)


104 (400x300)

パノラマ写真
106 (400x113)


季節の花 (その3)

生け花 マダムのアレンジメント 
花材 : 利休草、曙草、アンス、キイチゴ、風船とーわた、紫陽花、雲竜柳、姫林檎

001 (300x400)


金木犀
放香があり、とても甘い香りを漂わせています。
主に庭木として観賞用に植えられている。秋になると小さいオレンジ色の花を無数に咲かせ、芳香を放つ。芳香はギンモクセイよりも強い。雌雄異株であるが、日本では雄株しか入っていないので結実しない。雄しべが2本と不完全な雌しべを持つ。

003 (400x300)


005 (400x300)

石楠花
季節外れの石楠花が咲きました。
暖かいので時期を間違えたのですかね
010 (400x300)


009 (400x300)


コムチカル(イヌサフラン)
004 (400x300)


006 (400x300)

季節の花 (その2)

額縁の中の西洋朝顔
028 (400x300)

コスモス
030 (400x300)

コスモスとイエローガーデン
032 (400x300)

風船蔓
036 (400x300)


040 (400x300)

黒のコスモス
043 (400x300)


045 (400x300)

ダブルクリッククランベリー
047 (400x300)

ダブルクリックローズボンボン
049 (400x300)

ダブルクリックホワイトボンボン
053 (400x300)


056 (400x300)

メキシカンセージ
058 (400x300)

季節の花 (その1)

秋日和に誘われて国営公園にコスモスを観賞に行ってきました。
天気も良く見事に咲いておりました。
国営公園入口付近の花です。
007 (400x300)


013 (400x300)


015 (300x400)

マリンゴールド  奥に見えるのが展望台
019 (400x300)


021 (400x300)

コスモス
023 (400x300)


025 (400x300)



サルノコシカケ  その他

サルノコシカケ
我が家の古木の梅の木にサルノコシカケがにょつこり生えていました。
聴くところによると、サルノコシカケは煎じて飲むと癌に聴くと聞いておりましたが
さてさて本当なんでしょうか、皆さんは聞かれたことはありませんか

一般に、「猿の腰掛け」の名の通り、樹木の幹に無柄で半月状の子実体を生じるものが多いが、背着生のものや、柄とかさとを備えるものもある。子実体は一般に堅くて丈夫(木質・コルク質・革質など)であるが、一部には柔らかな肉質のものもある。胞子を形成する子実層托は典型的には管孔状をなしているが、迷路状・ひだ状・鋸歯状などをなすこともあり、一つの種の中でも、子実体の生長段階の別、あるいは子実体の発生環境の影響などによって種々に変形することが多い。 (インターネットで検索)

002 (400x300)

葡萄 ピオーネ
ピオーネを栽培している友人から、今年で栽培をやめるからと言って
持って来ていただきました。
009 (400x300)

たるま無花果
先日紹介いたしましたが、美味しかったので友人にお礼を言ったらまたまた
沢山送ってくれました。
皆様にもお裾分けしたいところですが、かないませんね
001 (400x300)

彼岸花

裏庭で彼岸花が満開になりましたので、再度ご紹介いたします。
色があせて来て今年はもう最後のようです。
これからは朝晩冷え込み、山々はだんだんと紅葉をはじめます。
001 (400x300)


003 (400x300)


004 (400x300)


005 (400x300)

中秋の名月 (その2)

中秋の名月

昨日は台風の影響で朝から小雨が降り、厚く雲に覆われていたので、
中秋の名月は今年は無理かと思っておりましたが、昼ごろから雨も
上がり薄日も射して来ましたので、期待しておりましたら午後7時
頃から雲の合間から、お月様が顔をのぞかせたではありませんか、
今がチャンス、シャッターONしました。
この後すぐに雲に隠れたので、とてもラッキーでした。
出来上がりはいかがでしょか??

この夜の月を「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」と呼ぶ。

「仲秋の名月」という表現もあるが、これだと「陰暦8月の月」を指し、十五夜の月に限定されなくなる。「仲秋」とは、秋を初秋(旧暦7月)、仲秋(同8月)、晩秋(同9月)の3つに区分した場合、旧暦8月全体を指す。対して「中秋」とは「秋の中日」=陰暦8月15日のみを指す。

加えて、中秋の夜に雲などで月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、中秋の晩に雨が降ることを「雨月(うげつ)」と呼び、月が見えないながらもなんとなくほの明るい風情を賞するものとされる。また、俳諧では8月14日~15日、16日~17日の夜をそれぞれ「待宵(まつよい)」「十六夜(いざよい)」と称して、名月の前後の月を愛でる。 (インターネットで検索) 詳しくはインターネットで検索してみてください。

003 (400x300)


006 (400x300)


009 (400x300)
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。